突き指

放って置いてはいけない 突き指

スポーツ選手に多いケガの中に、突き指があります。
突き指というと、軽くみられがちなケガですが、なかには後遺症の残る突き指もあります。
ここでは、マレットフィンガーという後遺症の残るタイプの突き指を事例にして、突き指の症例や施術方法についてご説明たします。

マレットフィンガー

強い衝撃を受けて、指先の関節が強制的に曲げられることにより、腱の断裂もしくは骨折のある突き指。
普通の突き指と違う点は、放っておくと指が伸ばせなくなるという後遺症が残る点です。

槌指変形(つちゆびへんけい)という変形が残ります。

早期の治療を行えば変形の後遺症を残すことは少ないですが、数週間~数ヶ月経過してしまうと、治療をしても後遺症は免れません。
当院では、最高半年経過したマレットフィンガーの治療をしたことがあります。

45度程度落ち込んでいた指先を20度程度のところまで回復させることはできましたが、はやり、それが限界でした。
この変形は、日常生活にはそれほど支障は出ないとはいえ、見た目上には、はっきりと変形として確認できます。

後遺症が残らないようにするには、早期の治療が大事なケガなのです。
たかが突き指とあなどることなく、しっかりとした治療・固定を心がけましょう。

ご予約・お問い合わせページへ

日曜診療

施術メニュー

  • 産後ケアコース:産後の骨盤矯正
  • インナーコース:30分でインナーマッスルを強化
  • 骨盤矯正
  • 生理痛専門骨盤矯正プログラム
  • 猫背矯正プログラム

受付日カレンダー

 icon-clock-o 受付時間(予約優先)
月~金 9:30~12:30 / 15:00~20:00
土日 9:30~13:00 / 15:00~18:00
休業日:祝日不定休

店舗情報

ピアシティ整骨院 本院
icon-map-marker 茨城県稲敷郡阿見町本郷3-1-1ピアシティ荒川本郷内
電話番号029-886-4607

ソーシャル

  • ピアシティ整骨院Twitterアカウント
  • ピアシティ整骨院Facebookページ
  • ピアシティ整骨院Youtubeチャンネル
ページ上部へ戻る